さしもしらじな

アイドル系のデトックス諸々

ひなフェス2024〜SATOYAMA SATOUMI

 

 

なんか、どっと疲れてるなぁ…。

 

 

 

 

いや、ここから一年ですよ。

あっという間というか、目まぐるしかったような、どうだか。

 

ペースも良くわからないまま1日目にも入って、特に何も買えずにステージだけ見て終わった1日目だったなぁ。

 

にしても、上々軍団竹内朱莉森戸知沙希岸本ゆめのっていう鉄壁の布陣、凄すぎたな…

 

 

 

で、2日目は朝から入ろうと思ったのだけれど、毎度の出不精で着いたのは11時過ぎ。新メンバーだけはきちんと拝んだけれど、岸本ゆめのから何か買えないかなぁ…と思っていたら、買えました、団扇。

 

 

 

ありがたい。接触はこれぶり。

 

 

アレっすね…

 

いや、「岸本ゆめのさんも可愛いですよ!」とか返せないものなんですかね?自分?ダメダメだったなぁ…と思いつつ、まぁ、買えたからよし。ホントはたくさん買って貢献した方がええんやろなぁ…と思いつつ、最低賃金で働いてる身としてはこれが限界。世の中には突破しちゃいけない限界もあるのです。

 

 

…ってどこまで書いて、1ヶ月。

 

マヂ、なんも書かんかったなぁ…

 

いや、岸本ゆめのの供給が一気に増して。

 

 

 

それどころじゃないwww

 

 

 

 

 

 

 

 

岸本ゆめの | @nastyfancy_official ブランドシーズンジャパンビジュアルに抜擢していただきました!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄�... | Instagram

 

 

まぁ、とにかくファニコンですよ…配信が来たら、全部止まるので…(笑)

 

 

 

 

いや、ホント、ファニコン、マヂ楽しい。

 

そしてライブも決まったし。

 

 

 

いやぁ…

 

 

書かなくても、いいんじゃない?

 

 

と思いつつ、まぁ、思い出せることだけつらつらと。ホント、書くこと少ない。てか、覚えてない。

 

 

OCHA NORMAは「シェケナーレ」良い曲だなぁと改めて。なんか好きなんだよなぁ、「シェケナーレ」。何があってもこれで丸く収まる、感じ?

 

BEYOOOOONDSの「灰toダイヤモンド」、もっと山﨑夢羽さんをセンターに出した方がカッコいいのになぁと思ってたら直後に卒業発表あったからメチャクチャ驚いた。

ここら辺の “センター” を中心とした役割分担みたいなことを交通整理できるとなぁ…と毎回思ってる、気がする。

 

Juice=Juiceは、工藤さんと有澤さん次第のグループになってた。全体的に安定してるのだけれど、この二人が同時に走り出すと、他がどんなに安定しても崩れそうになるんよなぁ…それを、良いと捉えるか、悪いと捉えるか。鉄壁のパフォーマンス力って言われると、どうしてもそこが気になるから、そういうのを外してみたいのだけれど、周りの空気がそうさしてくれないのよねぇ…。

 

ただ、「ナイモノラブ」はかなり好き。これを受け入れる土壌であってほしいよ。

 

 

ここでシャッフル。

 

まおぴんの名前を忘れる我らがサブリーダー谷本安美が流石だったことはさておき、橋迫鈴、松本わかな、松永里愛、秋山眞緒のクインテッド、なかなかに良かったなぁ…てか、ひさびさに橋迫鈴のパフォーマンスを間近に見れて良かった。

 

あと、意外と覚えてないなぁ…あとのユニット曲は雰囲気似てて狙った?と思ったことは覚えてる。そして、やっぱり段原瑠々さん、歌うめぇ。

 

GOODM!Xの、これこれ!感も好き。企業案件だけあって、やっぱ即席ユニットとはまた違う安定感あったんだよなぁ…!

 

桜ナイトフィーバー」のコレコレ感も良い!!!これが、ひなフェス!!!

 

 

楽曲カバーコーナーの「ラーメン大好き小泉さんの歌」はズッコケた。そういうことなんだけど、そういうことじゃないんだよ。そういうところだよ?つんく♂さん曲が欲しいのは知ってるけど、そういうことなんだけど、そういうことじゃないんだよ!!!

 

「意識高い乙女のジレンマ」は挑戦的だなって思った。楽曲自体もリズムにうるさい曲だし、意外とギミックの多いイメージなので。

ただそんななかで、小田さんではなくて北川さんにフェイク…個人的にはシャウトに近いと思っているのだけれど、そこを当てたのも挑戦的…

 

なのだけれど。

 

このひなフェスの一番の収穫は井上春華さん。

間違いなく彼女。

歌が上手すぎる。

いや、なんというか、決めるとこ決める凄さが半端ない。リズム勘がすこぶる良いのと、声の抜き方、息の残し方が完璧。なんだ、このアイドル。

おうじちゃまのパフォーマンスも見ていたのだけれど、上手すぎてびびった。

 

横目に追いたい。

 

「素肌は熱帯夜」の川村文乃さんが完璧だったことを思い出した!!!たぶん、“正しい” 川村文乃の活かし方。

 

「約束・連絡・記念日」もJuice=Juiceにしては挑戦的だったイメージ。ダンスのフォーメーションとか歌割りとか、かなり複雑なので。

 

…にしても、北川さんにしても、段原さんにしてもフェイクが一拍足りない感じがしたの、なんだったんだろ…

 

SIOOMは、「あ、全員シンデレラタイムは終わってんだな」と思いながら見てた。なんかこう、やっぱセンターなぁ…佐藤優樹を据えるなら佐藤優樹に、宮本佳林を据えるなら宮本佳林にしっかりとセンター据えた方が、パフォーマンスとしては良いものになると思うのだけれど…煮えきらねぇ。

 

アンジュルムは打ち上げ花火三連発。どう考えてもここから会場の熱気のギアが変わってた気がする。「RED LINE」「マナーモード」「大器晩成」は盛りすぎにも程がある。

 

モーニング娘。はそれに対して至って冷静。

アンジュルムを受けて「Wake-Up Call 〜目覚める時〜」を持ってきたかと思えば「Teenage Solution」をかますあたり、生田政権だなぁって感じがする。しかも、パフォーマンスもかなり良かった記憶。

で、ラストに「ジェラシー ジェラシー」。なんやかんやで一番攻めてたのがモーニング娘。というのが、面白いところ。

 

そして今回のトリ、つばきファクトリー

 

「断捨ISM」って通常版はいつぶりの披露よwww

 

これに全部持ってかれたwww

 

【ReALIZE】の時も【可惜夜】バージョンだったし。

 

 

あと、なんやかんやでタオル曲楽しい!!!

 

からの「妄想だけならフリーダム」はどうかしそう。

 

新メンバーはMCだけ。早よ、パフォーマンス見たいよ!!!

 

からの「Power Flower 〜今こそ一丸となれ〜」のコールのデカさ、からの「アタシリズム」…

 

なんかガッツポーズしちゃうんだよなぁ…。

あと、速攻でイエローに変えちゃう。

やはり、これは宗教です。

 

 

で、「Stay free & Stay tune」!!!

 

コールむずいけど、全体的に薄っすら聞こえはじてる…気がする。

あと、なんやかんやでアルバム曲だから、ハロプロ認知が薄いのが少し盲点だったっぽい。

 

そしてラスト曲は「スキップ・スキップ・スキップ」。

 

春だったね〜。

河西さんが「愛してるよ!」で遊び出してるのが好き。

 

…というわけで、思い出せるだけ。

やっぱ、4月の岸本ゆめの事案が多すぎて、ほとんど忘れてる。

 

とは言え、今日から春ツアーだし?

僕は今のところ座間夜以外入れないけど。

 

どんな公演になるか、チョー楽しみ!!!